▼今だけお得!▼

はじめてのAfter Effects

【誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座「STEP1」】画面説明と環境設定チュートリアル

After Effects開いたけど、何をどう触ればいいの?

という方にオススメの記事です

ココがポイント

この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP1です
このAfter Effects講座は初心者の「何していいか分からない」をなくす講座です
講座を一通りこなせばAfter Effectsの基本操作や基礎知識が身につきます
レベルに合わせてひとつずつ解説するので安心してアフターエフェクトを学べます
興味があれば続けて講座を一通りみてください

まずはこちらの記事から始めてください


このSTEP1で学ぶことはAfter Effectsのおおまかな画面説明とはじめにやっておくべき環境設定です

このSTEP1のゴールは
・After Effectsの画面をおおまかに理解する
・オススメの環境設定を設定する

この記事はフリーランスでAfter Effectsを仕事にしている動画デザイナーのフゥが書いています

STEP1-1 After Effectsの画面説明

STEP1-1はいわば観光です
After Effectsというダンジョンの中を観光する気分で読んでください
フゥがガイドとしてAfter Effectsはこんな感じですよーと話すのでなんとなく話を聞いてください

チュートリアルを行う上でAfter Effectsの画面に何があるかを理解しておくことが重要です

初心者のうちは

・知らず知らずのうちにショートカットキーを押してしまい戻し方が分からない!
・チュートリアル動画にはあるウィンドウが自分の画面にはない!
といったような状況に陥ることがあります

そういった不測の事態に対応するためにざっくりと画面上に何があるかを理解しておく必要があります
こういった場合、不測の事態を解決するために調べたり質問したりして余計な時間がかかります
かける必要のない時間と手間がストレスになりAfter Effectsやチュートリアルをやるのに億劫になるのはもったいないです

無駄な時間を過ごさないためにもまずはAfter Effectsの画面をざっくりと理解しましょう!

よく使う3つのパネル-プロジェクト・コンポジション・タイムライン

01_よく使うパネル

よく使う3パネル

・プロジェクト
・コンポジション
・タイムライン

どういった機能かはSTEP2のチュートリアルで説明します

パネル:固有機能を持ったウィンドウのこと。After Effectsはパネルが集まってできている

パネルの削除と復活

02_パネルを閉じる

03_ウィンドウからパネルを復活

パネルはパネル名の横にある「×ボタン」から閉じることができます
パネルの表示非表示は上部メニューバーの「ウィンドウ」から設定できます
もし、パネルを間違って消しちゃった!という時は慌てずにウィンドウから閉じたパネルを復活させましょう
またパネルはドラッグ&ドロップで好きな位置に移動させることができます
パネルを変に移動させたけど元通りにしたいという時は右上にある「デフォルト」右にある「三本線」をクリックして「保存したレイアウトにリセット」をクリックしましょう

右側に沢山パネルがありますがとりあえず気にしないでください
ほとんど使わないものもあります

04_ワーキングスペースをリセット

パネルの全画面表示と戻し方

05_パネル全画面表示

パネル上部」をダブルクリックすると全画面表示になります
全画面表示の切り替えは

全画面表示の切り替えは

・パネル上部をダブルクリック
・ショートカットキーの「@」

作業中にミスって@を押してしまうことが割と発生するので初心者の内は驚くと思いますが、焦らずにもう一度@を押しましょう

1-1でお話すべきことはこのぐらいです
操作中に誤ってパネルの移動や削除をしてしまうことはよくあることです

STEP1-1まとめ

・非表示にしたパネルはウィンドウから復活
・パネルレイアウトは右上のデフォルトからリセット
・全画面表示はパネル上部をダブルクリックor@を押して元通りにしましょう

STEP1-2 オススメ環境設定-自動保存とメディア&ディスクキャッシュ

STEP1-2は探検するための準備です
After Effectsというダンジョンを探検すると不測の事態に遭遇します

例えば、After Effectsが強制終了したり、挙動が重いといった事態が稀に起こります
その事態を最悪なものにしないための準備をこの章では行います

2つの準備

・自動保存機能
・環境設定

絶対に設定しておくべき自動保存機能

06_自動保存

07_オススメ自動保存設定

After Effectsで作業しているとこういう経験をします

1時間作業してたのにいきなりAfter Effectsが強制終了したり停電でPCが落ちてしまった、、一時間の作業が水の泡、またはじめからやり直し


想像しただけでも心が折れますよね

こうならないためにも自動保存機能をしっかりと設定しておくことが重要です

After Effectsを開いたら画面上部にある編集から環境設定、自動保存を選択します
そうすると「保存間隔」「レンダーキューの開始時に保存」「プロジェクトの最大数」が設定できます

オススメは保存間隔を20分、レンダーキューの開始時に保存にチェックを入れる、プロジェクトの最大数を3に設定

簡単に説明すると

保存間隔:20分ごとに自動保存しますよ
レンダーキューの開始時に保存:作ったデータを動画として書き出す前にも自動保存しますよ
プリントの最大数:自動保存は別ファイルで最大3つまで作りますよ

 

まぁとりあえずオススメした設定にしておけば大丈夫です
After Effectsを経験していくうちにこの辺は理解できます

PCを圧迫しないためのメディア&ディスクキャッシュ

08_メディアとディスクキャッシュ

09_フォルダ作成

同じく環境設定からメディア&ディスクキャッシュを選択してください
メディア欄とディスクキャッシュ欄があるかと思います

メディア&ディスクキャッシュ:After Effectsで作業していくうちに溜まった一時保存データをためておく場所です

初期設定だとCドライブというデータ容量が少ない場所が設定されているかと思います
オススメは保存先をデータ容量の多いDドライブに変更することです

それでは設定してみましょう
①まずディスクキャッシュを有効にチェックを入れて、フォルダを選択
②設定先をDドライブを選択。Dドライブ内に新しいフォルダ「After Effects」を作成
③その中に「TEMP」フォルダを作成し決定

データベースとキャッシュも同じDドライブのAfter Effectsフォルダに「DataBase」フォルダと「Cache」フォルダを作って決定

これで設定が完了です

簡単に説明すると

After Effectsでつくったアニメーションを毎回計算しなおすのは時間がかかるので、キャッシュという形で一時的に計算データを保管しています
そのため、ディスクキャッシュのディスクキャッシュサイズが大きければ大きいほど一時的に沢山のデータを保存できることになります
沢山データが保存できれば、その分計算が必要なくなりスムーズな作業をすることが可能になるのです

STEP1-2まとめ

・不測の事態のために自動保存機能を設定する
・一時的にデータを保存する場所を容量が大きいDドライブに設定する

 

まとめ

お疲れ様でした!

以上でチュートリアルSTEP1が完了しました

STEP1

これから基本操作を学ぶ上で不意に訪れる誤操作やソフトの強制終了という不測の事態に備えることがこのSTEP1でできました
次回のSTEP2から本格的にAfter Effectsの基礎を学んでいきます
STEP2はプロジェクト、コンポジション、タイムラインについてお話します

STEP1まとめ

・パネルはウィンドウから復活
・レイアウトは右上のデフォルトからリセット
・全画面表示はパネル上部をダブルクリックか@を押して元通りにしましょう
・不測の事態のために自動保存機能を設定する
・一時的にデータを保存する場所を容量が大きいDドライブに設定する

STEP2はこちら!

eyecatch-100
【0から始めるAfter Effects講座「STEP5」】プリコンポーズとアニメーション【誰でもできる!チュートリアル】

プリコンポーズ?ってなに?という方にオススメの記事です! ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP5です このAfter Effects講座は初心者の「何していいか分からない」をなくす ...

eyecatch-100
【0から始めるAfter Effects講座「STEP4」】キーフレームとアニメーション【誰でもできる!チュートリアル】

どうやって動きをつけるの?キーフレーム?ってなに? という方にオススメの記事です ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP4です このAfter Effects講座は初心者の「何してい ...

eyecatch
【0から始めるAfter Effects講座「STEP3」】レイヤーとトランスフォーム【誰でもできる!チュートリアル】

レイヤー?トランスフォーム?ってなに? という方にオススメの記事です ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP3です このAfter Effects講座は初心者の「何していいか分からな ...

ひとりで学習するのが不安なあなた!

After EffectsやPremiere Proで動画をつくってみたいけど、どうやって勉強していいか分からないですよね
現役の動画クリエイターが教える動画編集スクール【クリエイターズジャパン】を受講してみましょう!

「はじめて動画を勉強したい」「副業としてAfter Effectsで稼ぎたい」といった方に
動画編集スクール【クリエイターズジャパン】はオススメです!


動画編集スクール【クリエイターズジャパン】をオススメする3つの理由

①Adobe製品が一通り学べる!
動画編集やモーショングラフィックスをやるならAdobe製品がオススメです
そして、動画編集にしろモーショングラフィックスにしろ「After Effectsのみ」使えればいいわけではありません
仕事としてAfter EffectsをやっていくならillustratorやPhotoshopの基本操作までは知っておきたいところです

After Effectsの学習サイトやYoutubeチャンネルでillustratorやPhotoshopの基本操作まで網羅しているところは少ないでしょう
ひとりで無料で学習するには多くのサイトやチャンネルを探して、それぞれを1から学ぶ必要があります
なにごとも学習意欲が一番高く吸収率もいい「はじめたて」にチャンネルを探す手間や時間をつかうのはもったいないです
動画編集スクール【クリエイターズジャパン】で「一通りの基本操作」を学ぶことで効率的な学習が可能になります

②案件獲得方法まで教えてくれる
After Effectsを勉強して「副業したい」「仕事にしたい」という方
動画業界で仕事をもらう方法ご存知ですか?

はじめての業界でひとりで勉強するとどうしても「仕事」をもらう方法までは学ぶことができません
ゆくゆくは「仕事」にしたい方は「案件を獲得方法」も同時に学ばないといけません

しかし、グーグルで検索をかけても中々「案件獲得方法」まで教えているサイトやYoutubeはありません
(あったとしても情報が古かったり、いかがわしい情報商材だったりします)

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】 であれば、現役クリエイターが動画編集者の件獲得方法をお伝えします
趣味の域を超えた動画編集をしたいならスクールに入ることをオススメします!

③「わからない」がなくなる充実したサポート体制
初心者のうちはどうしても「機能がわからない」「不具合がわからない」という状況に陥ってしまいます
わからないが一向に解決しないとストレスがたまって挫折してしまいますよね
せっかく興味を持って頑張ったのにそんな悲しい未来を実現させたくありません

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】 では「個別LINE@サポート」「オンラインサロン」でのサポートが整っています
ひとりで「わからない」を抱えて挫折するよりもスクールに入って「わからない」をなくしましょう!

受講生のみが参加可能なオンラインサロン

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】にはオンラインサロン (通称:クリエイターズサロン)があります
オンラインサロンでは「月1回のZOOM講義+交流会」「転職支援/動画編集案件のご紹介」などのコンテンツがあります

クリエイターズジャパンで学んだからこそ、利用できるメリットがたくさんあります
ぜひオンラインサロンも参加してみてください

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

プロフィール

アイコン400x400

[ hu: ] /ふぅ
フリーランスのモーショングラフィッカーとして3年目。
テレビ局で番組デザインを5年担当した経験をもとに、プロの立場から動画の基礎を発信する
Twitterで動画ノウハウや小技テクニックなどの有益情報を発信中!

Copyright© モーショングラフィックス教室 , 2021 All Rights Reserved.