▼今だけお得!▼

After Effects はじめてのAfter Effects

【0から始めるAfter Effects講座「STEP8」】イージングとモーションブラー【誰でもできる!チュートリアル】

講座メインビジュアル

イージング?モーションブラー?ってなに?どう使うの?
という方にオススメの記事です!

ココがポイント

この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP8です
このAfter Effects講座は初心者の「何していいか分からない」をなくす講座です
講座を一通りこなせばAfter Effectsの基本操作や基礎知識が身につきます
レベルに合わせてひとつずつ解説するので安心してアフターエフェクトを学べます
興味があれば続けて講座を一通りみてください

まずはこちらの記事から始めてください


STEP7はこちら!
eyecatch-100
【0から始めるAfter Effects講座「STEP5」】プリコンポーズとアニメーション【誰でもできる!チュートリアル】

プリコンポーズ?ってなに?という方にオススメの記事です! ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP5です このAfter Effects講座は初心者の「何していいか分からない」をなくす ...

続きを見る

このSTEP8で学ぶことはイージングとモーションブラーについて解説します

このSTEP8のゴールは

  • イージングを理解する
  • イージングをつかってアニメーションがつくれる
  • モーションブラーを理解する
  • モーションブラーをつかってアニメーションがつくれる

STEP8ではモーショングラフィックスをハイクオリティにするために必須のイージングとモーションブラーについて解説します
どちらもクオリティを高めるには必要になる機能なのでしっかりと理解していきましょう

STEP8講座用素材をダウンロード!

この記事はフリーランスでAfter Effectsを仕事にしている動画デザイナーのフゥが書いています

STEP8

STEP8-1 イージング

①イージングとは?

イージングのつかいかた

イージングとは「アニメーション速度の緩急」のことを指します
After Effectsでキーフレームをうってアニメーションをつけると速度が一定の「リニア(等速)アニメーション」がつきます
リニア(等速)とイージング(変速)では同じ秒数のアニメーションでも動き方が違います

等速ということは、始まりから終わりまでずっと同じ速度で動くことを表します
イージングでは「はじめが早くだんだん遅くなる」「はじめは遅くだんだん早くなる」といった変速アニメーションをつけることができます

アニメーションがすべて等速だと画面のリズムが一定で飽きてしまう印象になってしまいます
イージングをつかうことで画面のリズムやテンポに強弱ができて視聴者の目を惹く印象をつけることができます

②イージングの付け方

01_イージングつけかた

02_グラフエディタを開く

03_値グラフから速度グラフへ

イージングは「キーフレーム」に設定することでつかうことができます

  1. 適用したいキーフレームを右クリック
  2. キーフレーム補助>イージーイーズを適用(キーボードの「F9」がショートカットキー)
  3. グラフエディタを選択
  4. プレビュー再生をしてアニメーションを確認

グラフエディタボタンのON/OFFで通常のタイムラインパネルとの切り替えができます

③イージングパターンを覚える

速度の緩急にかかわる4つのパターンがわかればOKです
4つのパターンをそれぞれ組み合わせることでほとんどのアニメーションができています

1.リニア(linear)アニメーション

04_リニア

リニアアニメーションは等速のアニメーションです
速度が常に一定で緩急がありません

ベルトコンベヤーに乗る物体や機械などはリニアアニメーションが有効です

2.イージーイーズ イン(ease-in)アニメーション

06_イージーイーズイン

イージーイーズ インアニメーションは「徐々にはやくなる」アニメーションです
語尾に「イン」とついているように「はじめがゆったり」した動きになります
はじめがゆったりとした分「終わりにかけて速度が速まります」

イージーイーズインは重いボールがゆっくりと転がり落ちるアニメーションに有効です

3.イージーイーズ アウト(ease-out)アニメーション

07_イージーイーズアウト

イージーイーズ アウトアニメーションは「徐々に遅くなる」アニメーションです
語尾に「アウト」とついているように「おわりがゆったり」した動きになります
はじめがはやく動いた分「終わりにかけて速度がおそくなります」

イージーイーズアウトはボールを転がすアニメーションに有効です

4.イージーイーズ インアウト(ease-in-out)アニメーション

05_イージーイーズインアウト

イージーイーズ インアウトアニメーションは「途中がはやくなる」アニメーションです
語尾に「インアウト」とついているように「はじめとおわりがゆったり」した動きになります
はじめとおわりがゆったりと動いた分「途中の動きがはやくなります」

イージーイーズインアウトはボールを弾いたアニメーションに有効です

はじめのうちは「イン」「アウト」どっちが速くてどっちが遅いんだっけ?となりますが 「語尾についている方がゆったりする」と覚えましょう

STEP8-2 モーションブラー

①モーションブラーとは?

モーションブラーとは「物体がすばやく動いたときにかかるボケ」のことを指します
車が目の前を猛スピードで走ると「輪郭がボケて残像ができます」
After Effectsではこういった速度によるボケを計算してくれる機能が「モーションブラー」です
難しい設定は必要なくクリックするだけで簡単にモーションブラーをつけることができるので知っておくと表現の深みが増します

②モーションブラーの付け方

08_モーションブラーつけかた

  1. タイムラインパネル上部の「モーションブラーボタン」をアクティブにする
  2. タイムラインパネル下部の「スイッチ/モード」を選択
  3. モーションブラーをかけたいレイヤーの「モーションブラーボタン」をアクティブにする

タイムラインパネルの「モーションブラーボタン」がアクティブになっていないと、
レイヤーの「モーションブラーボタン」をアクティブにしても適用されないので注意

③モーションブラーの効果的な使い方

モーションブラーの効果的な使い方

09_モーションブラーありなし

モーションブラーは速度が「速ければ速いほどボケ感が強く」表現されます
そのため、素早いカメラワークや場面転換などにつかうと「迫力」がでるのでオススメです

逆にゆったりとした動きでは効果が発揮されないので適用しないほうがいいです
モーションブラーがアクティブになっているとどのようなアニメーションでもAfter Effectsはモーションブラーがかかるように計算をします
つまり効果が発揮されなくてもプレビュー再生や動画化の際に「余計な計算時間」がかかってしまいます

とりあえずモーションブラーをつけると作業効率が下がってしまうので必要なものだけに適用しましょう

STEP8-2 アニメーション

今回は数字がカウントアップするアニメーションをつくっていきます
数字の回転が「徐々に速くなり、ゆっくり止まる」アニメーションをイージングをつかって表現します
そして、数字の回転が「速い動きのボケ」をモーションブラーをつかって表現します

1.カウントアップ完成コンポジションを確認

10_完成

カウントアップ完成コンポジションを開いてアニメーションをプレビュー再生しましょう
アニメーションがどうなっているのか確認しましょう

2.カウントアップアニメーションコンポジションを確認

11_準備

カウントアップするアニメーションをつくるコンポジションを開きます
今回はカウントアップの数字を「モーションタイル」というエフェクトをつかってアニメーションさせます

3.カウントナンバーにモーションタイルを適用

12_アニメーション

  1. 「sozai_count.ai」にエフェクト>スタイライズ>モーションタイルを適用
  2. 「モーションタイル」の「タイルの中心」の「Y値を1610」に変更する(0が中心にくるように調整する)

4.モーションタイルにアニメーションをつける

13_アニメーション

15_アニメーション

  1. 「0秒目」に「タイルの中心」のストップウォッチのアクティブにする
  2. 「4秒目」に「タイルの中心」の「Y値を8740」でキーフレームをうつ

5.アニメーションにイージング処理をする

14_アニメーション

16_アニメーション

17_アニメーション

18_アニメーション

  1. 「0秒目」のキーフレームを「右クリック」
  2. キーフレームの補助>イージーイーズアウトを適用
  3. 「4秒目」のキーフレームを「右クリック」
  4. キーフレームの補助>イージーイーズインを適用
  5. グラフエディタを開く
  6. 始点と終点のハンドルを引っ張り「2秒目」に山をつくる
  7. プレビュー再生でアニメーションを確認する

6.モーションブラーを適用する

19_アニメーション

  1. タイムラインパネルの下部にある「スイッチ/モード」を切り替える
  2. レイヤーの「モーションブラー」をアクティブにする
  3. タイムラインパネルの「モーションブラー」がアクティブになっているのを確認する
  4. プレビュー再生でモーションブラーが適用されているか確認する

7.カウント素材を複製して3つにする

20_アニメーション

  1. アニメーションをつくったレイヤーを選択
  2. 「Ctrl+D」で2つ複製する(合計3つのレイヤーができる)
  3. 複製した2つのレイヤーをそれぞれの枠の「位置」に移動する

8.アニメーションを微調整する

21_アニメーション

22_アニメーション

  1. 3つのレイヤーを選択して「U」を押す(「U」は選択したレイヤーについているキーフレームを表示するショートカットキー)
  2. 「左の数字レイヤーのキメキーフレーム」を「3秒目」にもってくる(左から順に決まるようにするためにキーフレームをずらす)
  3. 「真ん中の数字レイヤー」のキメフレームを「3秒15フレーム目」にもってくる
  4. プレビュー再生をしてアニメーションを確認する

9.完成!

23_アニメーション

お疲れさまでした!

イージングとモーションブラーをつかったアニメーションをつくることができました!
グラフエディタをつかっていろんな調整をしてアニメーションがどう動くかを試してみてください

まとめ

いかがでしょうか?

今回はイージングとモーションブラーについて解説しました
イージングとモーションブラーどちらともハイクオリティな動画つくりには欠かせない機能になっています
はじめのうちはどう動かせば希望のアニメーションになるのか混乱するかと思います
何度もイージングをつかうことで少しずつ理解できるのでゆっくり丁寧にアニメーションをつくっていきましょう

ということでSTEP8イージングとモーションブラーでした
次回STEP9では親子関係とヌルレイヤーについて解説します

いよいよこのチュートリアル講座も最終盤に差し掛かりました
あと2STEPでこの講座もゴールです
気を引き締めて最後まで完走してください

eyecatch-100
【0から始めるAfter Effects講座「STEP9」】親子関係とヌルレイヤー【誰でもできる!チュートリアル】

親子関係?ヌルレイヤー?ってなに?どう使うの?という方にオススメの記事です! ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP9です このAfter Effects講座は初心者の「何していいか ...

続きを見る

eyecatch-100
【0から始めるAfter Effects講座「STEP10」】動画の書き出しとレンダリング【誰でもできる!チュートリアル】

レンダリング?書き出し?ってなに?どう使うの?という方にオススメの記事です! ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP10です このAfter Effects講座は初心者の「何していい ...

eyecatch-100
【0から始めるAfter Effects講座「STEP9」】親子関係とヌルレイヤー【誰でもできる!チュートリアル】

親子関係?ヌルレイヤー?ってなに?どう使うの?という方にオススメの記事です! ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP9です このAfter Effects講座は初心者の「何していいか ...

eyecatch-100
【0から始めるAfter Effects講座「STEP8」】イージングとモーションブラー【誰でもできる!チュートリアル】

イージング?モーションブラー?ってなに?どう使うの?という方にオススメの記事です! ココがポイント この記事は「誰でもできる!0から始めるAfter Effects講座」のSTEP8です このAfter Effects講座は初心者の「何して ...

プロフィール

アイコン400x400

[ hu: ] /ふぅ
フリーランスのモーショングラフィッカーとして3年目。
テレビ局で番組デザインを5年担当した経験をもとに、プロの立場から動画の基礎を発信する
Twitterで動画ノウハウや小技テクニックなどの有益情報を発信中!

Copyright© モーショングラフィックス教室 , 2021 All Rights Reserved.