テロップ 動画の基本

はじめてのテロップデザインの作り方

テロップデザインってどうすればいいのか分からないですよね

書籍もあるわけでもないし、ネットでも確かな情報が揃っているわけでもありません

この記事はテロップデザインの基本や注意すべきポイントを理解することです

要点だけ抑えればテロップデザインは難しいものではありません

eyecatchイラレがおすすめ
テロップデザインするならAdobe illustratorがオススメ

テロップデザインはどのソフトでやればいいか悩む人も多いと思います 編集ソフトでもある程度のテロップデザインはできますが、 テロップデザインを続けるなら確実にAdobe illustratorをオススメします テクニック的な内容はこちらの記事 ...

覚えることはたった3つ!枠線とシャドウとベースを理解する

覚えることはたった3つ

テロップデザインを作る際に覚えることはたったの3つです

それは、枠線・ぼかし・ベースです

枠線は文字の周りを囲う線です
くっきりとした境界を作ることができます

シャドウは文字の周りに落ちる影です
影を落とすことで控えめな境界を作ることができます

ベースは文字の下に敷く矩形です
文字がしっかりと守ります

これら3つの組み合わせでテロップデザインはできています

そのため、この3つの要素を理解するだけでテロップのデザインをすることができます

テロップデザインは可読性と演出

これらの加工をする理由は2つあります

可読性の確保のため-文字が背景と重なると読みにくくなります。そのため文字と背景との間に境界をつくることで可読性を保ちます
動画を演出するため-文字に込められた意味を強調するために色や形、グラデーションを用います

詳しい内容はこちらの記事をお読みください

テロップデザインは2タイプある-文字とベース

テロップデザインには2つのタイプがあります

文字を加工するタイプベースを敷くタイプです

文字加工タイプでは、文字自体に枠線やシャドウを加えたり、文字色にグラデーションを入れます
こうすることで、可読性を保ちつつ文字の印象をそのまま視聴者に受け取ってもらえることになります

ベースタイプでは、文字の下にベースを敷き、文字加工はほとんどしません
こうすることで、文字に過剰な加工をする必要がなくなります
また、背景との境界をしっかりと作れるため、どのような文字が来ても可読性を高いまま維持できます

視聴者にどういう印象を与えたいかや動画の演出作りをどうしたいかを考えた上で上記の2タイプどちらかを選んでいきます

eyecatch-テロップベース作り方
【テロップベース入門完全版!】初心者が基礎から独学で制作する方法

動画のブランディングにも大きな影響がでるテロップという存在 そのテロップにも種類があり 文字だけのテロップ 文字の下にベースがあるテロップ この文字の下にあるベースのことをテロップベースといいます この記事では テロップベースの利点 テロッ ...

気をつけるポイント-明度と彩度の組み合わせ

読みやすいかどうか

テロップデザインをする際に気を付けることが1つだけあります

気を付けるポイントは「そのテロップは読みやすいか」です

テロップの存在意義は文字で視聴者に意味を伝えることです
その意味が伝わらない文字加工やベース作りは本末転倒ですので気を付けましょう

では、読みにくいテロップとはどんなものでしょう
それは、文字色と枠線やシャドウ、ベースの色の組み合わせで決まります

文字色の明度と枠線などの明度が近しいと読みにくくなります
また、色の組み合わせでも読みにくくなってしまう場合もあります

しっかりと読みやすいテロップを作るために気を付けるポイントは2つ

文字色と枠線の明度差がしっかりとあるか
色の組み合わせで読みにくくなっていないか

数をこなしていくとどれが読みやすいのか分かってきます
最初のうちはとりあえず作ってみてから、読めるかどうかもっと読みやすくならないかを考えてみましょう

文字加工の応用

枠線の組み合わせ

枠線を重ねてみたり枠線の位置をずらしてみたりするだけで文字の印象は大きく変わります
文字加工のテンプレートがいくつかあります

まずはそのテンプレートに則った形のテロップデザインをしてみましょう

eyecatch-テロップデザインまとめ
【参考事例でみる】テロップデザインまとめ【テレビ風文字加工】

テロップデザインの参考資料がほしいな... と思って探してもなかなか見つからないってことがありますよね この記事ではテロップの文字加工をカテゴリ別に紹介します 気になる事例があれば自分で実際につくってみましょう 色やフォントを変えるだけでも ...

最後に

いかがでしょうか

テロップデザインの作り方が分かりましたでしょうか?

テロップデザインの構成要素は3つ(枠線・シャドウ・ベース)です

まずはこれらを覚えて色んなテロップを観てみましょう

そうするだけでテロップがどういう組み合わせで作られているかが分かるようになります

テロップは実際に作ってみると理解できます

ぜひ試してみてください

他にもオススメ記事がありますので、ぜひ読んでください

eyecatch-センス不要
【センス不要】再生回数を増やすなら動画をロジックでつくる【Youtube】

再生回数を増やして多くの人に動画を届けたいと思いますよね? 魅力的な動画は人を惹きつけ、バズります どうすれば再生回数を増やせて動画をバズらせることができるのか それは、動画づくりのロジックをしっかりと考えることが大切です 動画はロジックで ...

eyecatchイラレがおすすめ
テロップデザインするならAdobe illustratorがオススメ

テロップデザインはどのソフトでやればいいか悩む人も多いと思います 編集ソフトでもある程度のテロップデザインはできますが、 テロップデザインを続けるなら確実にAdobe illustratorをオススメします テクニック的な内容はこちらの記事 ...

プロフィール

icon

[ hu: ] /ふぅ
テレビ局で番組デザインを5年担当した経験をもとに、プロの立場から動画の基礎を発信する
Twitterで動画ノウハウや小技テクニックなどの有益情報を発信中!

Twitterで動画ノウハウや小技テクニックを発信中!フォローして有益情報をキャッチしよう

Copyright© [ hu: ] , 2020 All Rights Reserved.