動画の基本

テロップデザインするならAdobe illustratorがオススメ

テロップデザインはどのソフトでやればいいか悩む人も多いと思います

編集ソフトでもある程度のテロップデザインはできますが、

テロップデザインを続けるなら確実にAdobe illustratorをオススメします

テクニック的な内容はこちらの記事になります

eyecatch-はじめてのテロップデザイン
はじめてのテロップデザインの作り方

テロップデザインってどうすればいいのか分からないですよね 書籍もあるわけでもないし、ネットでも確かな情報が揃っているわけでもありません この記事はテロップデザインの基本や注意すべきポイントを理解することです 要点だけ抑えればテロップデザイン ...

テロップデザインするならAdobe illstratorがオススメな理由

オススメの理由

テロップデザインをするならAdobe illustratorがオススメです

もちろん、編集ソフトのAdobe PremireやAfter effectsでも作ることができますが
どうしても機能の制限や臨機応変な対応がやりにくいのが現状です

加工に制限がない

PremireやAfter effectsではどうしても立体風の加工や模様を入れた加工が難しいです

illustratorでは加工に制約がありません
作りたいものを制限なく作ることができます

テロップベースも作れる

ベース付きのテロップも作れるのがillustratorの利点です

ベース素材さえ作ってしまえば、シンプルな文字であれば編集ソフトで入れられるため作業が圧倒的に楽になります

加工した文字を作ることもでき、ベースも作れるので一石二鳥です

eyecatch-テロップベース作り方
【テロップベース入門完全版!】初心者が基礎から独学で制作する方法

動画のブランディングにも大きな影響がでるテロップという存在 そのテロップにも種類があり 文字だけのテロップ 文字の下にベースがあるテロップ この文字の下にあるベースのことをテロップベースといいます この記事では テロップベースの利点 テロッ ...

イラストも作れる

イラストを作ることやイラスト素材を用いてテロップデザインを作ることができます

例えば、Adobe stockで販売されているイラスト素材と自分で作ったベース素材を組み合わせることができるのです

ハイクオリティなイラストは購入して簡単に作れるベース部分は自分で作れば効率的にハイクオリティなベース素材をつくれます

編集ソフトのPremireとAfter effectsだと限界がある

限界が来る

編集ソフトのPremireやAfter effectsでは文字加工の限界があります

もちろん、標準的な文字加工をすることはできますが、動画の雰囲気の質をより一層上げることはできません

これからの時代、クリエイターの個性が動画視聴のポイントになるので雰囲気作りは欠かすことのできない部分です

今から応用が効くillustratorを使えるようになっておけば、後々役に立つでしょう

eyecatch-テロップデザインまとめ
【参考事例でみる】テロップデザインまとめ【テレビ風文字加工】

テロップデザインの参考資料がほしいな... と思って探してもなかなか見つからないってことがありますよね この記事ではテロップの文字加工をカテゴリ別に紹介します 気になる事例があれば自分で実際につくってみましょう 色やフォントを変えるだけでも ...

アピアランスで作る文字加工

アピアランスで作る

実際にillustratorで作る際はアピアランスという機能を使います

アピアランスは文字の色や線や位置、形などを制御する機能です

この機能はとても優秀でテンプレート一度作ってしまえば、他の文字に適応することが簡単にできます

また線やシャドウの追加をサクサク追加するだけで作れるのでとっても楽です

Adobe illustratorの価格

価格表

Adobe製品はサブスクリプションで使うことができます

illustratorは単体プラン 2,480円/月(税別)で使うことができます(2019/11/03時点)

サブスクリプションモデルではなかった時代は数万円払って購入していましたが
月額制になったことで格段とハードルが低くなりました

この値段なら一度使ってみて自分に合うかどうかを決めることができます

また、1ヶ月の無料体験期間も用意されているため、リスクが少なく失敗することもありません

Adobe製品のすごいところは値段だけじゃありません

プランに入ると無料で100GBのクラウドストレージAdobe Fontsを使うことができます

100GBのクラウドストレージがあれば、動画制作用のUSBを買う必要がありません
また、クラウドなので違うパソコンを使っていても同じデータで作業できます

Adobe Fontsとは1000種類以上のフォントを使用することができます
フォントを買おうとすると高いし、フリーフォントだと利用に制限があったり太さや種類が少なかったりするため
1000種類以上のフォントを無料で使えることは動画制作において非常に有益なことです

編集ソフトもAdobe製品であればコンプリートプランがお得

コンプリートプランとは5,680円/月(税別)で全てのAdobe製品を使えるプランです

単体プランで2,480円/月(税別)を考えると驚きの安さです

コンプリートプランなら編集ソフト以外にも画像編集に特化したphotoshopも使えるため

動画で使用する画像素材の切り抜き作業や画像合成もできます

つまりコンプリートプランに入ってしまえば動画制作で必要なソフトが揃うということです

もちろん先ほど紹介した100GBのクラウドストレージとAdobe Fontsも使用できます

最後に

動画のクオリティを上げるならテロップをデザインすることは避けて通れません

編集ソフトや無料ソフトでもテロップをデザインすることはある程度できますが、

クオリティの面で見るとどうしても劣ってしまいます

クオリティ上げたいならAdobe illustratorをオススメします

無料体験もできるので一度使ってみてください

 

 

プロフィール

icon

[ hu: ] /ふぅ
テレビ局で番組デザインを5年担当した経験をもとに、プロの立場から動画の基礎を発信する
Twitterで動画ノウハウや小技テクニックなどの有益情報を発信中!

Twitterで動画ノウハウや小技テクニックを発信中!フォローして有益情報をキャッチしよう

Copyright© [ hu: ] , 2020 All Rights Reserved.