▼今だけお得!▼

モーショングラフィックス 動画の基本

【AE入門者へ贈る】Adobe After effectsでできることとは?初心者に必要な基礎知識

After effectsではどんなことができるんだろう...

とお悩みの方も多いと思います

この記事では

  • After effectsの概要
  • After effectsで出来ること

についてお話しします

この記事を読めばAfter effectsで出来ることにどんなものがあるか理解できます

After effectsで動画を作りたい人は必見です

↓動画でも解説しているので動画で見たい方はこちら!↓

 

eyecatch編集ソフト比較
【動画編集ソフト比較】Premiere Pro・After effects・AviUtlを比較してみた

動画作ってみたいけど、どのソフトがいいんだろう... と初めて動画を作ろうとする時は悩みますよね みんなは何を使っているのか、ソフトによってどんな違いがあるのか分からないですよね この記事では ・動画編集ソフトの種類 ・それぞれのメリットと ...

Aftereffectsとは何か?

そもそもAfter effectsってどんなソフトかご存知ですか?
After effects(アフターエフェクト)はAdobe社が販売している動画加工ソフトです
映像のプロも使っているソフトなのでゆくゆくは仕事として映像をやりたい方は必要になるソフトです

Adobeは、ベクターイラストを描けるillustrator(イラストレーター)や写真加工ができるPhotoshop(フォトショップ)などのクリエイターツールを提供している会社です
Youtuberが動画編集で使っているPremiere Pro(プレミアプロ)もAdobeのソフトです
多岐にわたるソフトを提供しているので、どんなソフトがあるか公式サイトで見てみるといいでしょう

eyecatch-基礎用語
After effects入門者が絶対に知っておきたい基礎|10の関連用語

よく分からないカタカナの用語が並んでて難しそう と思う方も多いと思います After effectsをやってみたいけど、用語が難しくてとっつきにくい印象がありますよね 筆者もはじめは何を言っているのか分からない状態で困惑しました しかし、意 ...

映像加工や編集、モーショングラフィックスができる

After effectsでは”映像の加工”ができます
簡単に言うと画像編集ソフトPhotoshopの映像版です

映像の色味を変えたり、煙や光、炎といった特殊効果を映像に加える事ができます
銃撃戦で銃口が光るマズルフラッシュという現象やバズーカを撃った後の爆発や土煙もAfter Effects上で追加できます
また文字や図形を動かすモーショングラフィックスも作ることができます
もちろん、撮影した映像を切り貼りする編集作業も可能です

Adobe Premiereとの違い

Adobe製品で主に動画を扱うソフトは2つあります

  • After effects(アフターエフェクトもしくはアフターエフェクツ)
  • Premiere Pro(プレミアプロ)

この2つです
この2つの大きな違いは”加工”と”編集”どちらをメインにするかです

映像を加工し特殊効果を追加するのが得意なソフトがAfter effectsです
映像を繋ぎ合わせ動画編集が得意なソフトはPremiere Proです

自分がやりたい作業によってソフトを使い分けます
Youtuberのように動画編集をしたいのであれば、Premiere Proを使うことをオススメします
動画や映像のプロになってくると動画の編集はPremiere Proで行い、動画の加工はAfter Effectsといったように
複数のソフトを使用して作業をすることもあります

必ずしも最初のうちにどちらも使える必要はありません
気になったソフトから使っていき、必要性を感じたらもう一方のソフトを触ってみるでもいいです
また、Adobeではソフトの無料体験期間も用意しているので一度試してみて操作感や雰囲気を掴んでみるのもいいでしょう

After effectsでできること

After effectsでは様々な映像を作ることができます
自分がやりたい分野はどれなのかを探してみましょう
自分のやりたい分野が決まったら、それぞれの分野について詳しく調べてみましょう
Youtubeで検索をかけると数多くの動画が出てくるのでたくさん動画をみて、自分が好きな動画を見つけましょう
好きな動画が見つかったら保存しておくことをオススメします!
後々、知識やスキルが身についてきたときに見返すととても勉強になるためです

映像加工(VFX)

動画を魅力的にするためには映像を加工する必要があります
色味やコントラスト、ぼかし具合などの要素を調整することで元の素材よりも魅力的な動画にすることができます

ドラマや再現映像では煙や炎などを足し、よりリアルな状況を作り出しています
ファンタジーやSFの世界を創り出すにはVFXが必須になります
映画やドラマの映像をやりたい!という人はVFXを勉強してみましょう

モーショングラフィックス

文字や図形に動きと音をつけたものをモーショングラフィックスといいます
動画OPやロゴアニメーションでよく用いられます

映像や写真、イラスト、文字など様々な素材を使って映像を作ります
近年のウエディングビデオでもモーショングラフィックスが使われてきました
YoutuberのOPやEDでも使われたり、e-sportsの大会movieなどでもモーショングラフィックスをよく目にするかと思います
動画やイベントを華やかな印象にするには欠かせない役割をモーショングラフィックスは担っています

アニメーション

イラストや写真を動かしたものがアニメーションです
コマ撮りした素材を使ったり、イラストをパーツごとに動かしたりと動かし方は様々あります
CMでイラストを動かして作っているようなアニメはAfter Effectsで作られていることが多いです

トラッキング

映像に合わせて素材を配置する際に使われるのがトラッキングです
走るトラックの車体に映像を貼ったり、歩く人に合わせてモザイクを入れたりできます

学習を始める前にやりたい方向を決めよう

このようにAfter effectsで出来ることは沢山あります
After Effectsの中でも様々な分野があるため、一概に「まずはこれを勉強しましょう!」とは言えないです
分野によって必須スキルが変わり、必要のないスキルも様々です
まず自分がやりたいことはなんなのかを知ることから始めましょう

 

オススメ!After Effectsを勉強する3つの方法

After Effectsを勉強するのにオススメな方法が3つあります

・個人でYoutubeなどのチュートリアルをみてスキルを磨く
・大学や専門学校で学ぶ
・スクールに入り短期間で実践スキルを学ぶ

どの方法もメリットとデメリットがあります
自分の状況に応じてその方法をとるか考えてみましょう

個人でYoutubeなどのチュートリアルをみてスキルを磨く

今ではYoutubeに無料のチュートリアルが多くあります
After Effectsが気になっているのであれば、手軽に好きな時に勉強することができます

個人で学習する場合のメリットは
・低コスト
・いつでも勉強できる
・自宅で勉強できる

デメリットは
・学習に時間がかかる
・実践のノウハウを学びにくい
・横のつながりがつくりにくいです

個人で勉強することの最大のメリットはお金がかからないことです
ネットで検索すれば無料の情報がたくさんでていきます
そういった情報やチュートリアルを使うことでAfter Effectsスキルを上げることができます

しかし、デメリットとしてネット上に散らばった情報を吟味する時間がかかったり
一緒に切磋琢磨する友人や必要なノウハウを教えてくれる先生と繋がることが難しいです

なので、個人で学習する人はスクールや大学に通うのは厳しい方やとりあえずAfter Effectsがどういったものか触ってみたいという方に向いています
また、わたくし自身もAfter Effectsを仕事にする方法やテクニックをこのブログやYoutubeにて発信しているのでそちらを参考にしてみてもいいかと思います

なんにせよ、まずはAfter Effectsがないと始まりません
7日間の無料体験もあるのでまずはAfter Effectsをインストールするところから始めてみてください

詳しい内容や登録・インストールはAdobeの公式サイトにありますのでそちらに行ってみてください

大学や専門学校で学ぶ

映像を専門とする大学や専門学校があります
そこで学ぶことでしっかりとした動画制作の基礎をつくることができます

大学や専門学校で学ぶメリットは
・基礎から応用までしっかりと学べる
・同じ方向に向かう友人や目指すべき仕事に詳しい先生がいる
・大学卒や専門卒という肩書が手に入る

デメリットは
・入学金などのコストがかかる
・2年制や4年制なので早く技術を習得したい人向きではない
・卒業後の就活は自力なところが多い

大学や専門学校で学ぶ最大のメリットは基礎をしっかり学んだ肩書が手に入ることです
クライアントが仕事を依頼する時に不安なのが信頼できる人かどうかというところです
大学卒や専門卒であればスキル習得はしっかりと済んでいる証になります
また、実際に2年や4年といった長い間学ぶのでしっかりとしたスキルがつくもの真実です

しかし、大学や専門学校はお金がかかるのが最大のデメリットでもあります
金銭的に余裕がある場合は大学や専門学校で学ぶことをオススメします
またメリットとしてある長い期間学ぶということも早く技術を習得したい人にとってはデメリットになります

早くスキルを習得して仕事にしたい人は次項で説明するスクールというものがオススメです

スクールに入り短期間で実践スキルを学ぶ

スクールでは大学や専門学校よりも実践的なスキルを中心に教わることができます
また異業種から転職を考えている社会人が多いのが特徴です

スクールで学ぶメリットは
・実践スキルを学べる
・短期集中でスキル習得ができる
・目指すところにいる人が講師として教えてくれる
・スクール卒業後のサポートもある場合が多い

デメリットは
・受講料がかかる
・短期間集中なのでやる気がないとスキル習得ができない

スクールの最大のメリットは実戦で使うスキルを教えてもらえることです
大学や専門学校では幅広い分野を学ぶので実践的なスキルでない部分も教わります
スクールはスクール卒業後そのまま働ける人材を育てることに特化しています
また、実際に働いている講師が必要なノウハウとテクニックを教えてくれるので
学習時間あたりの情報密度や濃度は独学で学ぶことや大学や専門学校で学ぶことよりも圧倒的に濃いです

その分、独学と違い受講料は必要ですがスクールの場合卒業後のアフターサポートもあります
制作会社への就活やフリーランスとしての案件獲得方法など大学や専門学校では教えてもらないサポートを受けることができます

After Effectsを仕事にしたい場合の難関は仕事を獲得できるかどうかです
独学で学ぶと、大学や専門学校で学んだという証は手に入りません。
もちろん、現役で働いている人から案件獲得方法を聞くことも難しいです

安心してAfter Effectsを仕事にしたのであれば、スクールに入ることをオススメしています
もちろん、はじめのうちはスクールの資料請求や無料体験などに参加してみるのがいいでしょう

After Effectsのスキルを教えてもらえるスクールはまだ多くありません
MOOCRES(ムークリ)という動画クリエイター養成スクールでは150日という短期間で実践スキルが学べます
無料オンライン説明会もあるので、まずはどんなものか参加してみるといいでしょう
オンライン受講も可能!【MOOCRES(ムークリ)】


モーショングラフィックスに興味がある方は下記の記事が参考になるかと思います
またYoutubeでもモーショングラフィックスに関する情報を発信していますので是非観てください

自分のやりたい方向が決まったらこちらの記事をお読みください

eyecatch初心者がやるべき5つのこと
Aftereffectsをはじめる前に初心者がやるべき5つのこと

After effectsを初心者が始める前にできることってあるかな... とお悩みの方も多いと思います この記事では 初心者がAfter effectsを始める前にできること 効率のいい勉強方法 についてお伝えします After effe ...

eyecatch-モーショングラフィックスとは
モーショングラフィックスとは?学習入門者向け「5分でわかる基礎知識」

モーショングラフィックスってなんだろう… と疑問を持たれる方が多いと思います この記事では ・モーショングラフィックスの基礎知識 ・モーショングラフィックスの作る方法 ・初心者の効率的な学習方法 について紹介します テレビ局で5年ほど番組デ ...

After Effectsに興味があるなら!まずは7日間の無料体験がオススメ

AdobeのAfter Effectsは仕事にできるスキルです

世界的に使われている動画制作ソフトなのでサポートもしっかりしています

Youtubeにもチュートリアルが豊富で勉強するのに困りません

魅力的なモーショングラフィックスや映画やドラマに使われているVFXを作りたいならAfter Effectsを選びましょう

自分にできるかどうかはやってみなければ分かりません

まずはAdobe公式サイトで詳しい内容を見てみましょう

Adob公式サイトをチェック!

プロフィール

アイコン400x400

[ hu: ] /ふぅ
フリーランスのモーショングラフィッカーとして3年目。
テレビ局で番組デザインを5年担当した経験をもとに、プロの立場から動画の基礎を発信する
Twitterで動画ノウハウや小技テクニックなどの有益情報を発信中!

Copyright© 動画デザインの[ hu: ] , 2021 All Rights Reserved.